子育てに関する人の悩みについて

人間の心と体の悲しく苦しい悩みについてまとめました。

子育てに関する人の悩み

私は、友達よりも全然早くに子供を産みました。

それでも30歳で生んだので、
そんなに早く生んだという自覚はまったくなかったのですが、
周りが高齢出産化しているので、
30歳でも早いというふうになってきているのだと思います。

みんながたくさん遊んでいる中、
私だけは、ひたすら子育てをしていたので、
非常に寂しい思いをしていたのは事実です。

みんなに今月末に飲み会に行こうと誘われても、
いつも断るしか方法がありませんでした。

そんな日々を過ごしてきたのですが、
ふと子供が4歳ぐらいになってきたころから、
自分で何でも出来ることが多くなってきて、
だんだんと子育てが楽になってきました。

赤ちゃんの頃は、私が何かやってあげないといけなかったので、
それは非常に大変な労力を強いられたのですが、
今は子供も自分の言いたいことを言えるような年代になったので、
非常に楽になってきたのです。

そして、いつも飲み会では、
人の悩み相談に乗っていた私ですが、
最近の子育てに忙しくなっていて、
人の悩みを聞いている場合ではなかったのが現状です。

しかし、私の主人がだんだんと子育てに
積極的になってきてくれたことと、
子供がだんだんと大きくなってきたこともあって、
飲み会に行けるようになってきました。

最初は、子供を置いてまで、
飲み会に行くことが非常に罪悪感を感じていたのですが、
だんだんと子供がママ行ってきていいよと
言ってくれるようになってきて、
気分転換に出かけられるようになって来ました。

そして、今まで私が出席できなかったのが、
今度は周りの友達たちが出産ラッシュになってきて、
今度は周りが飲み会に出席出来なくなってきました。

人それぞれのタイミングが違うので、
これは仕方がないことなのですが、
今まで飲み会で人の悩みを聞いてあげていた私は、
今度は飲み会とう場ではなくて、
メールなどで、子育ての悩みを聞かれる
立場になってきました。

子育てに関しては、他の人より、大先輩なので、
私はみんなが子育てに関して悩んでいることを
ちゃんと聞いてあげる事にしました。

それも、私も自分が子育てに悩んでいるときは、
周りの大先輩に聞いて、非常に助けられたことがあるからです。

こうやって私は、子育てに関して非常に自信を持ちながら、
周りの人の悩みも聞いて、みんな同じような
悩みを持っているんだなと思いました。

人の悩みは、自分の悩みと同じであるとも感じました。

人と悩みを共有し、悩まないでいることが
一番大切なことなんではないかと思いました。

様々な悩み

Copyright(C) 2012 人間の心と体の悲しく苦しい悩み All Rights Reserved.