職場で働く人の悩みについて

人間の心と体の悲しく苦しい悩みについてまとめました。

職場で働く人の悩み

落ち込んだ人の悩みは、
自分への歯がゆさが一番にあります。

それは、どうしてこんなことを
してしまたんだろうと、落ち込むのです。

そして、そこから、抜け出すことができずに
しばらく悩むのです。

また、どうしたらいいのか考え反省し、
今度は絶対、こんな失敗は
起こさないという結果を感じるのです。

人は失敗を繰り返しながら、仕事をしています。

仕事をしていく上で、失敗なくして、
何事もなく何でもこなしていけることは、まずありません。

ですから、その失敗したことを、
次のステップとしてどのように生かすかが大切なのです。

そのために、失敗したときは大いに悩み、
次のステップのために大いに考えることが必要です。

プロとして働くということはそういうことであるのです。
上司はまた、別の悩みがあります。

上司は部下が気持ちよく働けるためには
どのようにしたらいいのか考えています。部

下にかける声かけや、部下への指導方法を
常に考えているのです。

効果的な指導方法とはどのようなものか、
考えます。

私も、働いているときに、
部下に対しての指導方法に苦労しました。

それぞれの個性的な部下に対して、
同じ指導方法ではいけないのです。

その部下の特性に合わせた指導をしていました。

そして、一度指導して、だめだと感じたら、
また考えていました。

上司は部下のことを常に考えているのです。

それは、部下が上司のことを見ているのと同じか
それ以上に見ているのです。

部下は、上司がそのように心配してくれていると気づかずに、
上司にしかられたことばかりが頭にあるのです。

ですから、上司は心配していることなどを
言葉に出して伝えることは重要であると感じています。

言葉で、ほめられたり、心配している様子を伝えられると、
部下は自分を認めてもらっていると感じ、
意欲的に働くことができるのです。

このように、部下や上司がお互いに、
互いを思って感じている良いことを、
言葉にして相手に伝えるコミュニケーションをとれば、
職場はいきいきとすると考えます。

様々な悩み

Copyright(C) 2012 人間の心と体の悲しく苦しい悩み All Rights Reserved.